カテゴリーの効果的な作成!初心者のためのカテゴリー階層化の手順【はてなブログ】

f:id:shuyax:20171112224507j:plain

Chaca-logへようこそ

カテゴリー分けをしっかりと実施されていますか。

適切なカテゴリー設定をすることはブログに対してとても大きな効果があります。ですから安易な考え方でカテゴリー分けをしないようにして下さい。

カテゴリーが適切ですと読者さんが迷ったりする事もありませんし、SEOでの効果も得られるのですよ。

カテゴリーとは何だろう

ブログ以外でもカテゴリーという言葉はよく使われますがカテゴリーとはそもそもどのようなものなんでしょう。

カテゴリは事柄の性質を区分する上でもっとも基本的な分類のことである。

引用元:カテゴリ – Wikipedia

ブログでは記事をジャンル別に分類した索引となり訳です。

カテゴリーを設置するとどうなるのか

ブログ記事をカテゴリーで分類する事で、Google検索エンジンに認識されやすくなります。

カテゴリー分けすることにより、訪問された読者さんが目当ての情報を探しやすくなるので、興味がある同ジャンルの記事にアクセスしやすくなります。その結果ブログでの回遊率がアップしますので、PVをはじめとし滞在時間も伸びるという事ですね。

いろいろな記事を書く雑記ブログ、日記ブログでもカテゴリー分けをすることで記事を書きやすくなるといったメリットもあります。

どのようなカテゴリーが良いのか

カテゴリーの分け方はブログの内容によって変わってきます。読者さんに分かりやすくなお且つアクセスがしやすいということが大前提となります。

僕もそうなのですが、カテゴリーの重要性を理解できていないと適当に分類をしてしまいます。適当なカテゴリーの分け方は、読者さん、SEOに対しても良い影響は皆無です。

読者さんの使いやすさ、同時にSEOを意識した分類の仕方が大切ですね。

カテゴリーの効果とは

先述していますがカテゴリー分けをする事で、検索エンジンが巡回しやすなるのでSEO対策となるとされています。

カテゴリーで分類する事で読者さんが使いやすくなる事はもちろんなのですが、カテゴリー毎の専門性が増す事にもつながるのでブログの評価も高くなりSEOに対して有効かつ効果的ということですね。

読者さんの知りたい情報、気になる情報がカテゴリーとしてジャンル分けされているので、同じカテゴリー内の記事を読んでもらえる確率が高くなり、PVの向上につながります

またSEOのテクニックである外部リンクと同じよう、カテゴリーを作成することで自分のサイトからのリンク、つまり内部リンクとなるので評価されるというメリットもあります。

カテゴリーの分け方

基本的にはどのような事に気を付ければよいのでしょう。

・適当なカテゴリー分類をしないこと(例えば「未分類」「その他」などはNGです)。

・同じようなカテゴリー名はひとつにまとめる。

・読者さんが情報を見つけにくいカテゴリーの分類にしない(雑記・趣味・生活など漠然としすぎて何について書かれているか分かりにくい)。

上記のことを意識しカテゴリー分けを細かく細分化(階層化)することで、読者さんにも分かりやすく、SEOにも強くなりアクセスアップへとつながるのです。

僕自身がまだまだ初心者ですので上手くカテゴリー分けを出来ていませんが、下図を参考にして頂ければ幸いに思います。

 

f:id:shuyax:20170918223605p:plain

 

トップ > BLOG > BLOGカスタマイズ > タイトル という分け方。

「BLOG」だけではなく「BLOGカスタマイズ」とする(階層化)ことで「カスタマイズ」の記事一覧に移動し目的の記事を見つけやすくなります。

はてなブログでのカテゴリー設置手順

はてなブログのカテゴリー設定カスタマイズの手順を見てみます。

 

まず最初にしなければいけない事が、既存のカテゴリーの削除です。

僕はカテゴリーを適当につけていましたので、躊躇することなく削除できました。納得のいくカテゴリー設定が出来ていないのでしたら、思いきってすべて削除し新しくカテゴリー分けをしましょう。

 

f:id:shuyax:20170918225936p:plain

 

管理画面 ➡ カテゴリーをクリックしカテゴリー画面へ

 

f:id:shuyax:20170918230429p:plain

 

カテゴリー画面になると右側に「編集」「削除」の項目があるので「削除」をクリックしてすべてのカテゴリーを削除してください。

まだ僕自身がカテゴリーの整理を出来ていないので「BLOG」「BLOGカスタマイズ」しかなく、少し分かりづらいかもしれません。

 

ダッシュボードで記事の管理画面へとすすみます。

記事タイトルにチェックを入れ【チェックした記事にカテゴリーを追加】をクリックしてください。

 

f:id:shuyax:20170918232339p:plain

 

すると【新しいカテゴリーを作成】と項目が出てきますのでクリックします。

 

f:id:shuyax:20171112225948p:plain

 

【新しいカテゴリーを作成】へ入力し作成していきます。

 

f:id:shuyax:20171112230011p:plain

 

読者さんが分かりやすく迷わないようにすることは必須条件ですので、分かりやすく無駄のないように作ってください。

ここからが重要になります。

トップ > BLOG > BLOGカスタマイズ > タイトルとこの様な形にしていきます。

カテゴリーを細かく分ける(階層化)ために【親カテゴリー】と【子カテゴリー】を作っていきます。

僕の例でいいますと

親カテゴリー・・・「BLOG」

子カテゴリー・・・「BLOGカスタマイズ」

となります。

最初に親カテゴリーの「BLOG」を【新しいカテゴリーを作成】に書き込みOKをクリックします。

続いて子カテゴリーの「BLOG‐カスタマイズ」を再度【新しいカテゴリーを作成】に書き込みクリックします。

2回書き込むわけなんですが、必ず親カテゴリーを先に作成してくださいね。

ここで注意事項なんですが、子カテゴリーの「BLOG‐カスタマイズ」を書き込む際「BLOG」と「カスタマイズ」を結ぶハイフン(‐)は必ず半角ハイフンで結ぶようにして下さい。

すると冒頭で記載しましたが、下記の形になります。

 

f:id:shuyax:20170918223605p:plain

 

まとめ

カテゴリーの重要性を今まで無視してきましたが、本来はとても大切な役割を担っているので安易な考えで作成しないようにしなければいけませんね

SEO対策の内部リンクとしての効果があるなどといった事は初心者の僕には考えもつきませんでした。今回カテゴリーについて記事したことは僕自身とても勉強になりました。

読者さんのためになるという事は、必然SEO的にも効果が期待できるといった事に繋がるのでと考えさせられました。

読者さんの事を考え、SEOも意識してと初心者にはハードルが高いのっかもしれませんが、不必要な記事の整理(削除など)・カテゴリーの適切な設定などによりお互いに【Win-Win】になれるのでしたら実施するほかに選択肢はありませんね。

Chacaでした・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です