何の変哲もない毎日を劇的に変える【5つの方法】!だが最後は〇〇だった

f:id:shuyax:20171031232214j:plain

Chaca-logへようこそ

毎日、同じことの繰り返しだと思っていませんか。

僕も以前はそのように思っていました。

朝起きて、朝食を食べ時間になれば会社に出勤する。

一日の仕事を終え自宅へと帰る。

自宅と会社との往復といった単調な毎日でした。

いったいどのようにすれば「何の変哲のない毎日」が変わるのだろうか。

環境を変えてみる

一番簡単な方法は現在の生活環境を変えること。環境が変わることで刺激を受け様々なことに対しての感じ方が変わってきます

家族と一緒に暮らしているのなら、思いきって一人暮らしをしてみるのはどうでしょうか。

もちろん、お味噌汁の冷めないキョリではなくもう少し離れた場所で。

見慣れない風景、街並み、それだけでも気分は変わりますよね。

お気に入りのショップが出来るかもしれません。そこでの出会いもあるかもしれない。

勇気を出して一歩を踏み出すのも良い決断ではないでしょうか。

人のために何かをやってみる

f:id:shuyax:20171031231719j:plain

それは「ボランティア」という形もありますが、もっと簡単に「人に親切にする」「やさしくする」「大変そうだったら手伝う」つまりは相手が感謝してくれるようなことをすること。その行為は必ず自分に返ってくるのですから。

自分のことも満足に出来ていないのに、人様のために何かをするという事はとても難しい事だと思います。

人のために何かをするには、自分というものをしっかりと持たなければいけませんね。

新しく何か始めてみる

新しく何かを始めてみるという行為は誰にでも今すぐにでも出来るのではないでしょうか。資格取得のための勉強でも良いですし、健康維持のためのスポーツクラブ通いでも良いと思います。

何かを始めることで今までとは違ったものを手に入れることが出来ますから。

例えば、人間関係。

習い事をしたり、スポーツクラブに通ったりしているうちに、良く顔を合わせる人とは自然と話をしたり、お茶したりと、お友達になることもありますよね。

セミナーなど人が多く集まる場所なども上記にあてはまります。

また資格取得にしても、分からないことなどネットで検索し問い合わせが出来るのならば質問してみたりといったやり取りも出てくるはずです。

何かを始めるということは、そこには自分以外の第三者の存在があるという事なのです。

やめてみる

習慣化されていることで「これって本当に必要なの」といったことを思いきって止めてしまいましょう。

普段の生活のなかで当たり前となっている事なので、難しいかもしれませんがこれがスタートです。

止めることで新たに何かを始める時間が作れたり、いろいろなことを考える時間も出来ます。

止めてしまうことで逆に熱中できるものが見つかるかもしれませんよ。

時間を作り出すこととは大切だと思いませんか。

 自分の人生を生きる

f:id:shuyax:20171031231804j:plain

「自分の人生を生きる」とはどう言ったことなんだろう。では今の人生は本当の自分の人生ではないのでしょうか。

僕の解釈はこうです。「好きなことをして生きる」。

確かにそれが一番良いに決まっています。嫌なことはやらない。好きな事を一生懸命に取り組む。生きていく上での理想ですね。

まさに、ノマドワーカー、フリーランスがそのような立ち位置ではないのでしょうか。

本当に退屈な毎日を劇的に変える事は出来るのか

ごく一般的な事を5つ書きましたが、どのように思われますか。劇的に変化すると思いますか。

思わないのでしたら、どのようにすれば良いのでしょう。

自分の住処を変えてみたい・他人の手助けをしたい・運動不足なのでジムに通ってみたい・悪い習慣を止めてたい・好きなように人生を歩みたい。

一定の収入と自由に使える時間、それらのことから生まれる気持ちの余裕がなければ実行する事は厳しいだろうと感じます。

最終的には「お金」に行きつくのでしょうか。お金がなければ今という毎日を変えることなど出来ないのだろうか。

違いますよね。

今の自分で良いのだと容認する

f:id:shuyax:20171031233403j:plain

出典:https://www.mitsui-hair.com/single-

「自分で動けばみんな面白いもん」

「なりたいものになるんじゃなくて、なったものが自分なんだよ。なりたいものを求めるんじゃなくて、そこで楽しく暮らせよってことだよ。そしたらやがて、勝手に夢が出てくるから」

所 ジョージさんのこの言葉を知っている方もおられると思います。

また、はっきりとは覚えていないのですが、このようなことも言われています。

余命宣告を受け、後〇〇日で苦しみながら死ぬと分かっていたらどうしますか。

このような内容の問いかけだったと思いますが、他のゲストさんは

「安楽死を望む」

と答えたなか、所 ジョージさんは

「目が見えているのなら、どれほど苦しくても生きていたい。死ぬ間際まで、どんな楽しいことがあるか(見れるか)分からないから。」

うろ覚えで申し訳ないのですが、彼はいつなんどきビックリするような楽しいことがあるか分からないから目が見えているうちは生き続けたいと言ってました。

単調な毎日の繰り返しでも、泣いたり、笑ったり、喜んだり、怒ったりといろんなことが起こることが日常です。

現状に満足していないことも多々ありますが、逆に満足できている部分も多少なりともあるはずです。

もっと今という環境を・今という時間を・今の自分を認めてあげましょう。

気づいていないだけですよ。結構毎日が楽しいという事を。

まとめ

f:id:shuyax:20171031231825j:plain

僕は思います。

何の変哲もない毎日を劇的に変える方法はないけれど、行動さえ起こせば何かは少しずつ変わっていくのではないかと。

僕の場合は奥さんと付き合いだした時

「この人を大切にしよう」

「なんでも、どんな事でもしてあげよう」

もちろん自分のことは後回しにしてでも。

そして、長女が生まれた時

「なんて可愛いんだ」

「この子のためなら何でもできる」

だって、目の中に入れても痛くないのだから(入れたことないですが・・・)。

もちろん、長男の時もですよ。

これらの出来事のときは本当に劇的に毎日が変わりました。

そして現在、ブログが僕の単調な毎日を変えてくれています。

何の変哲もない毎日を劇的に変える裏技はありませんが、なにか本当に小さなことでも良いので行動を起こすことが始まりだと思います。自分自身が動かなければ劇的に何かが変わることなどありえません。

明日からではなく、思い立った今から始めましょう。

Chacaでした・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です