クールビズ・室温28度は暑くないですか!この温度で快適に業務遂行することが出来るのでしょうか

Chaca-logへようこそ

Cool bizと聞くと何を思いますか。

僕は一番に、サラリーマンを思い描きます。

サラリーマンの夏の服装。

スラックスにワイシャツ

そしてノーネクタイ

そんなイメージがありませんか。

僕の思っていたクールビズとは、暑苦しくない服装。

涼しい(涼しげ)服装。

まさにそうだと今の今まで思っていましたし、そう理解してたんです。

僕のこの解釈の仕方は間違ってますか。

そうです、間違っていたんです。

そうだったのか、クールビズとはその様なものだったのか。

クールビズとは

 

2005年当時、内閣総理大臣であった小泉純一郎氏が、「夏場の軽装による冷房の節約」というキャッチフレーズによるアドバイスを受け、環境省主導のもと、ネクタイ・上着・ジャケットなどをなるべく着用せず、夏季に28度以上の室温に対応できる軽装を呼び掛けたことが始まりです。

要するに夏の暑い時期に「ノーネクタイ・ノージャケット」で28度以上の室温の中で快適に過ごそうということなんですね。

小泉前総理もなかなか洒落た事を考え付きましたね。

クールビズによるメリット

冷房の設定温度を高くすることにより、CO2の排出を少なくすることができる。

環境にやさしいということですね。

また、冷房の設定温度が高いので電気代の節約にもなります。

クールビズ導入によりラフな服装になるのでネクタイを締めスーツを着用しての職場環境の時とくらべ、身軽で涼しく(個人によりますが)感じるのではないでしょうか。

スーツと比較しいろいろコーディネイトして、ファッションを楽しめることもメリットの一つですし、そのことにより経済効果もあるようです。毎日、制服のごとく同じ服装では周りの目が気になりますから、必然洋服を購入することになりますから。

クールビズによるデメリット

環境省が推奨しているのですから「デメリット」なんてあるわけないですよね。

今までは、スーツが制服代わりのようなものでしたから良いのですが、クールビズを取り入れることにより、より自由な服装となるので統一感がなくなる

なかにはクールビズ導入後もしっかりとスーツ姿で仕事をされる方もいます。周りはクールビズなのですが、これといった違和感を感じないのは「サラリーマン=スーツ」といった先入観・固定観念があるからかもしれませんね。逆にクールビズでラフな格好をされている人のほうが不釣合いに感じることがあります。

クールビズを実施されている会社への訪問ならよいのですが、必ずしもそうとは限りません。もし訪問先がクールビズを導入されていなければ恥ずかしい思いをするかもしれませんね。

そのような場合は大変ですね、ネクタイ・ジャケット・スーツなど用意が必要になってきますから結構手間ですね。

そして何よりも・・・28度・・・これがクールビズ

この室温設定高すぎると思いませんか。

僕も他社へ赴くことも多々あるのですが、「こんなところで仕事をしているの」というくらい暑く感じるますし(実際、暑いですし働いている人も汗をかいていたりします)効率が悪くなるのではと思ってしまいます。

CO2は別にして、そういった会社では別でサーキュレーターなどを活用しているので「節電効果」はどうなんでしょうね。

まとめ

 

やはり室内温度が28度はつらいですね。暑いです。

「コピー用紙がなくなったから一箱持ってきて」と上司に頼まれ、よいしょよいしょと運んでくると、もうそれだけで汗だくになりますよ。

仕事の効率も絶対に落ちると思うんですが・・・

、クールビズにこだわるのなら、その上の「スーパークールビズ」を導入してもらいたいものです。

「スーパークールビズ」でしたら「ポロシャツ・チノパン・スニーカー」こんな感じで普段と変わらない服装でOKなんですもの。

夏季で外回りとかが暑くて大変だからという理由ではなく、室温28度のなかでも快適に仕事が出来るようにというのが「クールビズ」だったんですね。

ただ「スーパークールビズ」になるとファッションに興味のない人には少しばかり辛いですね。

男性にしても女性にしても「あの人センスないよね」とか「また同じ服着てる」といったようにマイナスなイメージが付いてしまうかもしれません。

どうしたものでしょうね。

ですが、やはり28度は暑すぎます。

Chacaでした・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です