自分のアクセスを除外するための【2つ方法】!簡単ですので導入設定をしよう

Chaca-logへようこそ

僕は今「はてなブロ無料版」を使用しています。

はてなブログさんにもアクセス解析はあるのですが、無料版ですので簡易的なものになります。

誰もが導入されている「Googleアナリティクス」が便利なのですが、そこで疑問が。

果たして僕が自分のブログにアクセスした時のカウントはどうなるのだろうか。

ブログの確認などのためにアクセスする度にカウントされていたのでは正確な数値が分かりませんよね。

そのようにならないために今回自分のアクセスを除外することにしました。とれも簡単に設定できますので是非されてみれはいかがですか。

Googleアナリティクスにこんなに便利な機能があったなんて知りませんでした。

今さらなんですが、実施してみたいと思います。

はてなブログさんでもアクセス解析はあるのですが、僕は「無料版」なので簡易的な機能しかありません。

 

自分のアクセスを除外するための【2つの方法】

僕が実際に取り入れた方法は【2つの方法】になります。

少し難しいのではと思っていたのですが、僕でも簡単に出来ましたよ。

IPアドレスを使用し除外する方法

自分の IPアドレスを確認し、Googleアナリティクスを用いてアクセスを除外する方法になります。

IPアドレスとはパソコンやスマートフォンなど使用する機器を認識するためのインターネット上での住所のようなものだと思ってください。

IPアドレスと聞いただけで腰が引けてしまうのに、IPアドレスには2種類のアドレスがあるということを僕は知りませんでした。

Googleアナリティクスのアドオンにより除外する方法

アドオンとはWebブラウザーをより便利に使うため、いろいろな機能を追加できる仕組みのことです。

【Googleアナリティクス オプトアウト アドオン】をダウンロードすることで拡張機能が追加され自分のアクセスを除外できる方法になります。

Googleアドオンの設定さえしてしまえばGoogleアナリティクス側での設定をすることがなく、設定方法も簡単に出来ます。

今回ご紹介する「除外方法」ではスマートフォンからのアクセス除外には対応できません。

IPアドレスは【2種類】あります

先述しましたが、IPアドレスには2つの種類があります。

ではどのような種類のIPアドレスがあるのでしょうか。

グローバルIPアドレス

グローバルIPアドレスとは、インターネットで相手と通信するために持つ、ほかのアドレスと重複しない一意のIPアドレスのこと。

引用元:IT ネットワーク用語事典

契約したプロバイダーによりPCなどの機器1台1台に振り分けられ割り当てられます。

プライベートIPアドレス

プライベートIPアドレスとは、LANなどの企業内ネットワークに存在する端末が、自由に使用できるIPアドレスのこと。

引用元:IT ネットワーク用語事典

契約しているプロバイダーは1つでも、企業内・家庭内で複数台の機器(PC)を使用すると思うのですが、このときに「ルーター」を介して接続されますが、この「ルーター」から割り当てられるIPアドレスが「プライベートIPアドレス」になります。

IPアドレスを確認方法

IPアドレスには2種類あるという事は分かりましたが、肝心なのは自分がどちらに属しているのかを確認する事が必要になります。

グローバルIPアドレス

グローバルIPアドレスの確認は「CMAN」の外部サービスから簡単に確認できます。

[blogcard url=”https://www.cman.jp/network/support/go_access.cgi”]

プライベートIPアドレス

こちらは少しだけ面倒ですね。

僕の使用しているPCは「windows 10」ですので、10のバージョンでの説明になります。

 

 

PC画面右下の「インターネットアクセス」ボタンをクリックします

 

 

するとこのような画面になります。

「インターネットアクセス」の「接続済み」をクリックします

 

f:id:shuyax:20171021150436p:plain

 

すると「プロパティ」画面になり、この中の「IPv4アドレス」が自分の「プライベートIPアドレス」となります。

 

f:id:shuyax:20171021151438p:plain

 

つたない説明で分かって頂けたでしょうか。

ここで疑問が。

「自分のIPアドレスがグローバルなのかプライベートなのか、どちらか分からない」といった事です。

実は僕もそうだったのですよ。

「CMAN【使用中のIPアドレス確認】」を紹介しましたよね。こちらのツールで分かるのです。

これで自分の「IPアドレス」を確認し、再起動したときに「IPアドレス」が違っていれば「グローバルIPアドレス」となります。

ご確認ください ➡ CMAN【使用中のIPアドレス確認】

 

IPアドレスを使用して除外しよう

Googleアナリティクスにログインしたら、画面左下にある管理ボタン(歯車のボタン)をクリック

ビューでの項目の「フィルタ」をクリックします

 

 

「フィルタを追加」をクリックします

 

 

「フィルタ名」・・・「自分のアクセス除外」など分かりやすく。

「フィルタの種類」・・・「カスタム」

「フィルタフィールド」・・・「IPアドレス」

「フィルタパターン」・・・ここに除外する「IPアドレス」を入力します。

最後に「保存」をクリックして完了です。

 

 

 

アドオンを使用して除外する方法

まずは「Google アナリティクス オプトアウト アドオン」と検索してください。

ダウンロードページがトップにでてきます。

「Google アナリティクス オプトアウト アドオン」をダウンロードしてください

 

 

「Chrome に追加」をクリックします

 

 

そして「拡張機能を追加」をクリックして完了となります

 

 

アドオンを使用しての除外僕が思っていたよりも簡単に出来ました。

僕でも出来たので是非導入してみてください。

 

まとめ

いつも感じていたんですが、僕自身が記事を読んだり、プレビューを使ったりしたらアクセスはどうなるんだろう

1回はカウントされるけど、それからは大丈夫などというような記事も見かけたりしましたのであまり気にせずに来ました。ですがやはり気になるところでしたので今回思いきって「自分のアクセス」を除外する事にしたわけです。

導入・設定することで、かなり正確な「アクセス解析」ができるようになりました。

ですが、一抹の不安が。

ただでさえアクセスの少ないブログなのに自分を除外してしまうと数値はどうなるんだろうと。

Chacaでした・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です