一人暮らしを始める時に、これだけは絶対に揃えてほしいモノ

Chaca-logへようこそ

3月となり、4月から新生活を迎えられる方も多いと思います。

今回書かせていただく記事は「一人暮らし」という新生活を楽しみ?もしかしたら不安に思われているかもしれませんが、そんな男性・女性に向け「これだけは絶対にあった方がいいよ!」という品物を経験者としてアドバイスしたいと思います。

「ほんとうに経験者なの?」

と思われるかもしれませんが、「Chacaのプロフィール」を読んでいただけると

「ほんとかも!」

と思っていただけるかもしれません。

 

一人暮らしで不安がいっぱいなあなたへ

Chacaのプロフィール」を読んでいただくと分かるのですが、僕の「一人暮らし」の生活ももう少しだ終わりを迎えようとしています。

誰もがそうだと思うのですが、一人暮らしをする心境は

  • 楽しみ
  • 不安

この【2点】に尽きるのではないでしょうか。

今までは実家暮らしうをしていたので、いろいろな規制みたいなものがあったと思います。

「今日は晩御飯どうするの?」

「いつまで寝てるの!」

「○○行って✖✖買ってきて」

「家のこともちょっと手伝ってよ」

など、100%を自分の意志で決定できることばかではなかったはずです。

「4月からは自由だ!」

「僕の、私の好きなときに好きなことをできる」

「誰からも束縛されない」

「フリーだ~!!」

ですが、楽しみの反面不安も・・・

「大丈夫かな?」

「ちゃんと生活できるのかな?」

「太らないかな?」

「支払いとかできるかな?」

たくさんの不安もあるはずです。

僕の場合は「お金」でした。とにかく二重の生活をしなければいけないので、無駄なことは出来ません。会社からの給料はできるだけ手を付けたくなかったので「お金」の面に関してはかなり気を付けました。

敷金・礼金、電化製品などの生活必需品にかなりのお金が必要となります。「賃貸」に関することはコストダウンできませんが、これから生活していくモノではどうでしょうか。

その中でもこれだけは「絶対の絶対に譲れない・あった方がいい」という品を僕の1年間の一人暮らしを基に選んでみました。

寝具・お皿・コップ・調味料など当たり前のものは省いてます(以下のモノも当たり前といえば当たり前なんですけど)。

 

一人暮らしをするのに絶対にあったらいい家電

「一人暮らし 必需品」「一人暮らし 必要なもの」「一人暮らしの生活用品」などで検索するとたくさんのサイトあります。ですが、書かれているモノをすべて揃えようとすればかなりのコストとなります。実際いらないモノもありますし。

冷蔵庫

近年の賃貸物件ですと、最初から家電の三種の神器「テレビ」「冷蔵庫」「洗濯機」と揃っていますが、必ずしもそのような物件ばかりではありません。もし「冷蔵庫」が添え付けされていなければ必ず購入された方がいいですよ。

ここで気を付けていただきたいことが、「冷蔵庫」の容量です。「一人暮らしだから小さくても大丈夫」と思っているのでしたら、ちょっと待った!

かなりの確率で外食をする、もしくは冷蔵庫を使っても飲み物と、その日のうちに食べる物しか入れない。というのでしたらどのようなサイズでも良いのですが、「自炊をしてみたい」「3日分くらい買い置きをしておきたい」というのであればサイズを良く考えてください。

現在、僕が使っている冷蔵庫は「112L」の容量なんですが、それでも小さく感じています。自炊をメインとしての食生活でしたらあと少しだけ大きい方がいいですね。ちなみに僕はお弁当用の冷凍食品と3日間分くらいの食材です。豚肉やキャベツなどの調理が必要なものと、スーパーで売っている出来合いの惣菜が半々くらい。

食生活によりますが「100~150L」がベストではないでしょうか。きちんと管理すれば「1週間分」くらいは余裕でいけます。

メモ

冷蔵室と冷凍庫は分かれている方が便利ですよ。となると2ドアがおススメです。
また、ある程度の大きさがあると買い物に行く頻度が低くなり、いらないモノを買わなくて済みますのでコスト面でも◎ですよ。

洗濯機

人にもよりますが、近所にコインランドリーがなければ必須です。

コインランドリーがあったとしても夏場のことを考えると必要です。とにかく一人暮らしをはじめ、他人から「だらしなくなったな~」と思われるところは「清潔感」だと思いませんか。

良い物を着ろとは思いませんが、いつもきれいに洗濯されていて、ほのかに柔軟剤の香りがするだけで他人からの印象も気分もとてもよくなります。僕には絶対条件でした。

パソコン

これは絶対でしょ!

パソコンがなければ始まりません。

「スマホで十分」ですって。いえいえパソコンの方が効率的ですよ。調べ事もちょちょいとできますし、テレビも見れますし、何といっても「ブログ」を思いっきり書けます(個人的なことです)。

もしもテレビを買うのでしたら、僕はパソコンがおススメです。先述した通り「パソコンでテレビを見れる」わけなので、テレビの必要性はありませんね。

ちなみに「日本電視台」から見れますよ。少し怪しく感じますけど大丈夫です。

電子レンジ

これは便利です。

なんでもできます。僕も初めはいらないと思っていたのですが、一人暮らしを始めてすぐに購入しました。とにかく便利の一言です。

冷めたご飯を温める、買ってきた出来合いのものを温める、なんでもかんでも温めてください。電子レンジで「袋入りのインスタントラーメン」も作れるんです。スゴイと思いませんか。

炊飯器

スーパーやお弁当屋さんで買うのもいいのですが、コスト面を考えるとちょっと・・・

僕はおかずがなくてもご飯さえあればいいといったタイプなので必要不可欠な家電です。チャーハンをおかずにご飯を食べれまするくらいですから、とにかくお腹がいっぱいになることが最優先。お腹いっぱいになると幸福感で満たされますよ。

炊飯器の大きさなのですが、「3合炊き」よりはむしろ「5.5合炊き」がおススメです。いざという時のために多めに炊いてラップに包んで冷凍しておけばかなり便利です(女性の場合は3合炊きでもいいかもしれませんね)。

「3合炊きで3合」をたくよりも余裕がある「5合炊きで3合」炊いた方が美味しく炊けるということも理由です。

こたつ

こたつには1年を通して活躍してもらいます。

冬の寒い時期に暖をとるためなのは当たり前のことなのですが、こたつのいらない時期のテーブル(座卓)としても重宝します。僕も最初は「エアコン」がついているから普通のテーブルいいかとも思ったのですが、日本人にはこたつでしょ!

物件によっては、シングルベッド・テレビ+PCラックなどがあらかじめ設置されているときも多々あります。こたつを置くスペースがないのでその時はあきらめてください。

扇風機

微妙な時期に活躍してくれます。また、物件の状況によっては暑い夏場でも扇風機だけでこと足りるかもしれません。

僕は結構な暑がりなんですが、昨年の夏はエアコンよりも扇風機の出番の方が断然多かったですね。就寝前に3時間くらいのタイマーで過ごせましたから、自分自身驚きました。

あとコスト面です。1日8時間使用した場合、扇風機はエアコンの10分の1のコストでいけますから大助かりですね。

電気ケトル

コーヒー・紅茶・カップラーメン・カップうどんと大大大活躍です。

あるとないとではかなり違ってきますよ。

僕の賃貸物件はロフト付きのワンルームなんですが、寒いときに冷えているキッチンに行かなくてもお湯を沸かせるので一手間も二手間も省けます。

ほんとうにお手軽な家電だと思います。

生活家電に関しては上記のモノが絶対にあった方が良いと1年間生活して感じました。

 

家電以外で必要なモノはこれ

基本、家具など必要ないと思っていました。

ですがいくつか「あったらいいな」というモノを記載します。

ハンガーラック

僕のアパートは小さいながらもクローゼットがついていたので服などの置き場には困らないのですが、問題は梅雨の時期になります。

「洗濯物をどうしましょう?」ということです。ハンガーラックがあれば部屋干しが可能となります。「部屋干しした洗濯物は臭くなるのでは」と思いますか?実は僕もそう思っていましたが、今の洗剤と柔軟剤はそのようなことを気にする必要はありません。大丈夫です!

雨の多い時期には、ハンガーラックに干せるスペースのことを考えこまめに洗うことがポイントです。

三段ボックス

多種多様な使用方法があるので、一つはあった方がいいですよ。

上のスペースも置台として使えますし、何かと便利です。僕も初めは一つだったのですが、いろいろな意味で本を購入することが多くなり本棚としてもう一つ購入しました。

ラグ・カーペット+ジョイントマット

「なんだそれ」といわれるかもしれないですが、かなりのおススメ品です。

ただし、ベッド・PCデスクを使われるのでしたら必要ありません。

必要な条件としては、「フローリングの上で直に生活をする」ことになります。フローリングに直接座り食事をしたり、勉強をしたり、寝転んでみると良く分かると思いますが、痛いです!

ラグ・カーペットだけでもいいとは思いますが、長時間となるとやはり痛いです!

ラグの下に厚み1cm程度のジョイントマットを敷くだけで生活はとても改善されます。とにかく痛くない!

これで長時間ブログを書いていても苦にならなくなりました。ほんと快適!

あと、冬場の底冷えが全然ましです。

フローリングならば安価なもので十分なので、ぜひジョイントマットを敷いてみてください。

 

僕が切らすことなく買い続けたモノ

「何?どういうこと?」と思われるかもしれないのですが、ズバリ

サランラップ

これだけは必ずストックしています。僕の調理器具のメインは電子レンジ。「レンジでチン」するときにはいるでしょサランラップが・・・

それと、どんぶりとお湯とサランラップがあれば「袋入りのインスタントラーメン」もつくることができるんですよ。僕もこの事実にはビックリしました。

繰り返し言いますがサランラップって超便利です。

 

まとめ

かなり好き放題に書いてきましたし100%僕の主観の意見になります。

僕も家族と生活しているときには「お金」のことなど考えもしなかったのですが、一人暮らしになるとそうも言ってられません。

抑えるところは抑えて、なおかつ快適な生活をどう送るのかといったあたりが今後暮らしていくためには重要になってきます。

自宅というものは唯一自分を取り戻せるスペースですので、自分にとって快適な場所でないといけません。また帰りたいと思える場所でなければいけないのではないでしょうか。

新生活を送られるあなたにとって家というところが憩いの場でありリラックスできる場所となることを願います。

 

にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です