「時間が足りない」と思うあなたへ!手っ取り早く時間をつくる【3つの提案】

f:id:shuyax:20171007155502j:plain

Chaca-logへようこそ

時間というものは本当に足りないですね。

僕もブログに取り組みだしてからというもの、足りていないように感じています。

そもそもなぜ、1日は24時間なんでしょうね。

誰が決めたのでしょうか。

せめて1日が30時間くらいあれば、時間に余裕ができるので良いと思うのですが・・・

足りないと感じる時間をどのようにすると有効に使えるのでしょう。

ありきたりですがタスク管理をする

f:id:shuyax:20171007155527j:plain

ビジネスとして「To Do リスト」を作り「タスク管理」をされている方は多いと思うのですが、プライベートになるとどうなんでしょうか。

僕自身は「やっていない」という部類に入ります。

ではどうしているのかといいますと「頭の中で大雑把に予定を組む」

このような事では「時間」を有効活用できないですね。

何が大切で何が大切でないかなど事前に決めている訳ではなく、その時々の状況で決めていますので効率の良い事ではありません。

効率よく時間を使おうとするならば「視覚化」することが一番の近道ではないでしょうか。

「視覚化」することで「優先順位」が明確になりますので、ビジネス以外のプライベートでも応用できますね。

タスク完了のチェックをする事で「やり忘れてた」「先日やったかも」といった曖昧な記憶ではなく、確実なものとなりますので無駄な時間をなくすことが出来ます。

隙間時間を有効に使うこと

f:id:shuyax:20171007155555j:plain

簡単なようで非常に難しい「隙間時間」の使い方。

少しの時間ができると楽な時間の使い方に流れてしまいますね。

例えば、「スマホでゲームをする」「Twitter・facebookなどのSNSを頻繁に見る」「ぼ~っとする」自宅に居るのなら「見てもいないのにTVをつけている」

このような時間の使い方をどう思われますか。

かく言う僕も同じなので否定しづらいのですが・・・

ですが、「時間が足りない」と嘆くのであれば、この「隙間時間」はとても有効に使うことのできる貴重な時間へと変わります。

「隙間時間なんて大した時間じゃないでしょ」

そのように思われるかもしれませんが、では1日の平均した「隙間時間」がどのくらいあるのかご存知ですか。

「20~30分くらいかな」

「45分はないでしょう」

自分自身に当てはめ、いろいろな時間を想像されると思いますが、調査した結果「1時間9分」という数字がでているのです。

僕たちは1時間以上の無駄な時間の使い方をしているんですね。

有効活用すると「1日24時間が25時間になる」という事だと思わないですか。

少し大げさな表現をしましたが「隙間時間」を有効に使うという事は、そのくらいの価値があるという事です。

勿論できた「隙間時間」に何をするのかという事を決めておくことも重要になってきますね。

睡眠時間を削ることで時間をつくる

f:id:shuyax:20171007155611j:plain

「見出し」をどうするかと悩みました。

「早起きをする」のと「睡眠時間を削る」のどちらにするかと。ですが上記のとおり「睡眠時間を削る」とさせていただきました。

「早起き」が良いことはメディアの情報などにより分かっていますし、科学的にも根拠があるとされています。

www.lifehacker.jp

ですが「早起き」をしたからといって「時間が増える」わけではありません。

自分に必要な「絶対的な時間」を増やそうとするならば「隙間時間の有効活用」をするように「睡眠時間の短縮」が手っ取り早いと思います。

もしも「8時間」睡眠を取っているのならば「7時間」にするといったように時間を作ることが良いのではないでしょうか。これで「1時間」という自分のための時間が作れます。

ご注意して頂きたいことがあります。くれぐれも「『睡眠負債』には気をつけて下さい」ということです。

睡眠負債とは、スタンフォード大学の研究者により提唱された言葉で、日々の睡眠不足が借金のように積み重なり、心身に悪影響を及ぼすおそれのある状態である。

引用元:睡眠負債 – Wikipedia

人間が最高のパフォーマンスを発揮できる「睡眠時間」は「7~8時間」とされていますが、個人的にはあまり気にしなくても身体と相談しながら無理なく実施してみれば良いと思っています。

実際、僕の睡眠時間は「3~5時間」の間ですが、毎日絶好調です!よ。

まとめ

f:id:shuyax:20171007155630j:plain

時間が足りないと感じ、少しでも時間を作り出すことはできないのだろうか。そのよう方への「手っ取り早く時間をつくる【3つ】の提案」をさせて頂きました。

「To Doリスト」での管理しかり「睡眠時間」に関しても多くの「反対意見」があるのですが、「出来ない」とか「無理がある」などということではなく「取りあえずは『やってみる』」ことだと思います。

「成功者は頭の中で予定を立てる」

「成功者は長時間睡眠」

という話しも聞きますが、全員がそうだった訳ではありません。

僕は「時間が欲しい」と思っていますので、やれることはやってみようと決めています。

向き不向きはその後の結果なので、とにかく「やってみる」ことですね。

厳しいようですが「時間を作るためには『捨てること』」も必要とされる場合があります。

無駄な時間を捨てる・食事の時間を捨てる(のんびり食べない)・付き合いを捨てる(2回に1回はお酒の誘いを断る)・睡眠時間を捨てる・・・・

やはり何かを犠牲にしないと「時間は作れない」という事なのでしょうか。

1日が24時間ということは万人に共通のことです。

ただ、何かをするにあたりスピードが「早い人」「遅い人」は必ず存在します。

遅くても経験を重ねることで早くなることは必然なのですから、それまでは何かを犠牲にしてでも追いつくまでは「時間」を作らなければならないですね。

きっと「早い人」も同じ過程を歩まれたはずです。

僕はそう信じています。

Chacaでした・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です