お盆玉というものを知っていますか?企業戦略から出来た夏のお年玉

Chaca-logへようこそ

「お年玉」ではなく「お盆玉」という言葉をご存知ですか。

僕は今までこの「お盆玉」といわれるものをまったく知りませんでした。

ですが、この「お盆玉」は、じわじわと浸透してきているみたいですよ。

お盆玉とはなんだろう

 

もらってうれしいのは「お年玉」

年始になると子ども・孫・親戚の子どもたちへとお年玉をあげることは一大イベントですね。

実はこの「お盆玉」も同じで、もらってうれしい「お盆玉」なんですよ。

お盆休みの帰省時などに、お孫さん・親戚の子どもたちなどにあげるお小遣いのことを「お盆玉」というんです。

江戸時代、山形県の一部地域が発祥とされ、夏になると奉公人に対して衣類や下駄などを渡す風習が、昭和の初期に子供たちにお小遣いをあげるといった形になったといわれているのですが、現在のように全国的には知られていませんでした。

お盆玉が広まった背景

 

2014年7月、お年玉袋を販売していた日本郵便により「お盆玉」を入れるためのポチ袋の販売開始されたことがきっかけとなり全国的に広まりました。

ここで不思議なことが。

日本郵便が「お盆玉」用のポチ袋を販売開始するときには、「お盆玉」といわれるものがすでに存在していたことになります。

では、「お盆玉」といわれる言葉はどこからどのようにしてついたのでしょう。

山梨県西八代郡に本社工場をもつ「株式会社マルアイ」さんが作った造語なんです。

・お盆玉とは・・・・

お盆に田舎に帰省した子どもや孫、また祖父母にお小遣いをあげるという新しい習慣を広げる為に、2010年より夏の風物詩をデザインしたポチ袋「お盆玉」として販売を始めました。

「お盆玉」の名称はマルアイで作った造語で、商標登録をされています。

引用元:株式会社マルアイ

日本郵便さんもなかなかの策士ですね。

日本の夏の風物詩として仕立て上げようと着々と宣伝販売をしているのですからね。

お盆玉の相場の金額は

 

お年玉もそうなのですが、あげる側からするとすごく気になりますよね。

お正月の「お年玉」でしたらある程度の相場は分かるのですが、世間であまり知られていない「お盆玉」はいったいどのくらいの金額を包めば良いのでしょうか。

あおぞら銀行さんの調査では、2017年は昨年より200円増しの5,900円が平均金額(お年玉の平均金額は7,900円)とされていますが相場としたらこのような金額です。

 ・小学生以下・・・1,000円未満(すこし少ないような気もしますね)

・小学生・・・・・1,000~3,000円

・中学生・・・・・3,000~5,000円

・高校生以上・・・5,000~10,000円

小学生以下は別にして、だいたい「お年玉」と似たような金額なんですね。

まとめてみました

お年玉と同じようにお盆休みに帰省した子ども・孫・親戚に「お盆玉」としてあげるお小遣いということで、日本郵便と株式会社 マルアイさんによる企業戦略にて全国区へと展開されているのですが、まだまだ認知度は低いと思います。

僕が子どもでしたら両手をあげてよろこぶのですが、出費となると僕たち大人には少々痛手になります。

それでなくても帰省やレジャーなどで出費がかさむお盆なのに、「お盆玉」ですか・・・

本音としては、あまりメジャーにはなってほしくないです。

今現在は、シニア世代での浸透率は約3割というところですが、上昇傾向にあるそうなので怖いですね。

行く行くはメジャーになるのでは・・・と覚悟はしておいた方が良いでしょう。

また「お盆玉」として包む金額の相場は、「お年玉」よりも控えめな金額を包まれている方が多いのが現状です(上記をご参考下さい)。

お盆玉ですか、これ以上「〇〇玉」が出てきませんようにと祈るばかりです。

毎年ではないですが、春は入学・入社などのイベントもあり出費がかさみがちといわれ、秋は「食欲の秋・芸術の秋・出費の秋」といわれるくらいお金が出ていくんですよね。

「う~ん」と少し考えてしまいます。

これから先どうなるのでしょうね。

子どもたちが大よろこびすることは間違いないので良しとしますか。

Chacaでした・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です