もう昔の話?PING送信の設定を【WordPress】でやってみた!

Chaca-logへようこそ

僕のブログは「WordPress」をし利用しているのですが、使いだしてから日が浅いということもあり支障が出ない程度にいろいろと触ってみて慣れようとしているのですが、【設定 ➡ 投稿設定】をクリックしたとことに「更新情報サービス」という項目を見つけました。


(※PING送信先を入力後の画像です)

少し調べてみると「PING送信」のことだと分かりました。

PING送信とは簡単に説明するとなに

このように「ブログ」「サイト」などを運営していると、インターネット上では数多くのサーバーが存在していることは周知のことです。

いくつもある「PINGサーバー」へ自分のブログ情報を通知することでクローラーされやすくなり反映されることが速くなるわけです。

メモ

PINGサーバーとはブログなどの更新情報を自動的に集めるためのサーバーです。

PING送信するメリット・デメリット

PING送信はしなければいけないのだろうか。

実際にPING送信したらどうなるのでしょうね。

メリット

  • インデックススピードのアップ
  • リファラによるアクセスアップ
  • 被リンク数のアップ

インデックス・被リンクは分かるのですが「リファラ(referer)」とは一体どういうことなんでしょうね。

ユーザーが「どの様な言葉で検索し訪れたのか」「どこのサイトから訪れたのか」などといった「流入元」のことを「リファラ」と呼びます。

デメリット

  • 短時間に何度も送信するとスパム扱いとされることがある
  • 送信先の数が多くなるとサイトが重くなる
  • PINGサーバーの突然の閉鎖

頻繁にPING送信をしなければ良いわけですし、送信先をいくつか設定していればPINGサーバーの突然の閉鎖にも対処できます。

ですが、サイトが重たくなるのは少々考えものです。送信先のPINGサーバーを厳選しなければいけないということですね。

PING送信の設定(WordPress)

WordPressでPING送信の設定をするのですが、デフォルトではなく「WordPress Ping Optimizer」というプラグインを使用して設定してみたいと思います。

ダッシュボード ➡ プラグイン ➡ 新規追加とクリックしてすすみます。

 

 

右側の検索に「WordPress Ping Optimizer」と入力します。

 

 

プラグインの「WordPress Ping Optimizer」の「今すぐインストール」をクリックすると表示が「有効化」に変わるのでクリックしてください。

 

 

設定 ➡ 「WordPress Ping Optimizer」をクリックします。

 

 

赤枠の部分へ「PING送信先」を貼り付け「Enable pinging」にチェックを入れ「Save Settings」をクリックして設定完了です。

 

 

ちなみに「Enable pinging」の下にある「Limit excessive pinging in short time」とは一定の間隔をあけた「PING送信」の時間設定ができます。

僕が「PING送信先」として設定しているのは以下のとおりです。

 

http://blogsearch.google.co.jp/ping/
http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://ping.rss.drecom.jp/
http://ping.blogranking.net/
http://ping.fc2.com/
http://pingoo.jp/ping/
http://rpc.weblogs.com/RPC2
http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2
http://rpc.reader.livedoor.com/ping

 

実際には効果が期待できるのでしょうか。

「Google Search console 」でクローラーのお願いができますからね。

いろいろな意見があると思いますが、手間がかからない事ですし「やった方が良い」といった意見があるので、やってみて損はないのではないでしょうか。

 

にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です