SNSシェアボタンには記事の〇〇効果がある!知らないと損しますよ【はてなブログ】

Chaca-logへようこそ

結論から言いますと「SNSシェアボタン」には拡散効果があるという事です。

無知とは恐ろしいものですね!

いくらブログを始めて日が浅いからといって、「SNSシェアボタン」のことを何ひとつ知らなかったのです。

 

f:id:shuyax:20170912002239p:plain

 

僕は今までブログのことを勘違いしていたので、「知らない、分からない」と思うことをひとつひとつ調べているんですが、まさかこんなにも「SNSシェアボタン」が大切だったなんて気付きもしませんでした。

10代方はもちろん20代、30代とSNSは盛んに参加されているようなのですが、40代以降の年齢になりますとやはり少なくなっているんですね。

僕自身がそうであったように、40~50・60代の人に読んでいただければ幸いに思います。

また、僕のように何も分かっていない人の事を考えて書きましたので初歩的で稚拙な文章になっています。

僕はSNSといったものに躊躇していました。理由は簡単、良く分からないという事とリアルタイムでのやり取りが面倒であるといった事からです。

SNSというサービスのこと自体を分かっていないのでまずはそこから始めたいと思います。

そもそも、SNSってなに

SNSとは Social Networking Servis(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のことなんですね。

僕が知っているところでは、Twitter とかFacebook にあたるわけなんですが、それだけではないということも知らなかったくらいです。

その他では LINE・You Tube・Google+・Instagram・Pinterestなどたくさんの種類があります。

SNSとはどのようなサービスなのか

SNSとはインターネットを通じて人と人とをつなぎコミュニケーションを図るサービスです。

また、僕が書いた日記とかコメントを誰かが読み、逆にその誰かが書いたものを僕が読みコメントしたりすることで、情報交換などをしコミュニケーションをとるWebサービスなのですね。

[blogcard url=”http://e-words.jp/w/SNS.html”]

SNSが嫌だった理由

僕が懸念していたところはこの誰かという第三者の部分なんです。

不特定多数のわけの分からない人達とコミュニケーションとるなんて、良い人ばかりとは限らないですよね。

もしかしたら変な人がいる可能性だってある訳ですし、知人の中にはその様な事が原因でSNSをやめた人もいるといった事が現実なのです。

また、SNSで知り合った人にストーカーされました。などどいった事がメディアでも取り上げられたりすることも事実の話なので良い印象が持てませんでした。

メディアが100%真実だとは思っていませんが、SNS関係の報道では、あまりにも悪いニュースが多いように感じるのです。

歳のせいかもしれませんが、やはりSNSというツールに良い印象が持てなかったということが大きな理由になります。

嫌いだったのに、なぜSNSを始めたのか

一言でいいますと、ブログを運営していく上で有益だからという事です。

毎日ただの日記のようにブログを更新していたわけなのですが、「ブログってどうすれば多くの人に読んでもらえるんだろう」

この疑問から、いろいろと調べ「Twitter」が良いといった記事が比較的多かった事ががきっかけとなり始めだしました。

実際に「Twitter」を始めてみて得る物がとても多いことに驚きを隠せなませんでした。

今こうしてブログを更新できているのも「Twitter」でツイートされてる多くの先輩ブロガーさんおかげだと思っています。

読んでいるだけでやる気を頂いています「やらなければ」と。

Twitterでコメントなどもさせて頂くこともあるんですが、そのコメントへの返信がとても親切なんですよね。

先輩ブロガーさんはみなさんとても紳士的で良い方ばかりだと僕自身感じています。

このような理由から僕はSNSに対するわだかまりであるとか偏見がなくなりました。

「Twitter」に参加することでSNSというものに対しての不安はなくなりましたし、他のSNSも積極的に利用したいとも考えています。

40代から上の年齢層の方へ

SNSは情報収集はもちろんなんですがモチベーションの維持にも大いに役立つツールです。

僕みたいに先入観から偏見を持っていると損をしますよ。

もし偏見を持っているのでしたら、ブログを運営するにあたり邪魔になるので取っ払う事をおすすめします。

やってみると楽しいので是非参加してみてください。

ですが、最近耳にする「SNS依存」には注意する必要があるかもしれません。僕もひどくはないのですが、少しの時間があるとついついスマホで見てしまってます。

少し年齢が上の方に伝えたくて初歩的なことを書きましたが、本題のブログには「SNSシェアボタン」があった方が良いのかという疑問に対して書いていきます。

SNSシェアボタンとは何なのか

簡単に説明すると、ブログと連携させることによって、ブログ内の情報をSNSの中で共有できる機能を持たせた「ボタン」ということです。

SNSボタンを設置するメリットは

いろいろあるみたいなんですが、華やかでおしゃれな感じになる。確かに実感できます。

僕のブログはといいますと、かなり地味でしたが「SNSボタン」を設置しただけで驚くほど印象が変わりました。

そして何よりも威力(効果)を発揮するのは「拡散」です。

「SNSボタン」を設置することで「ボタン」が押され、その記事がシェアされるわけなんですが、シェアした人からまた別の人にシェアされていくので拡散されていくという理論ですね。

う~ん、例えば僕が【はてなの本】をAさんに「この本とても面白かったと」とすすめると、それを読んだAさんは「本当だ、この本面白」と今度はBさんに「はてなの本は実に面白いから1回読んでみて損はないよ」と今度はCさんへすすめるわけなんですね。

AさんからBさん、BさんからCさん、CさんからDさんへとネズミ講のごとく拡散されていく訳なのです。

このようにして広がっていく事を狙いとするための「SNSシェアボタン」なのですね。

これは使わない手はないと思いませんか。

もう一度言いますが「SNSシェアボタン」を設置する事により読者さんから読者さんへと記事が拡散されていく効果が期待できるのです。

本当に良質なコンテンツでしたらそこから記事のリンクをしてもらえるので、被リンク対策としても期待できますしね。

少しでも多くの人に読んでもらいたいと思うのならば「SNSシェアボタン」間違いなく設置される方が得策ですよ。

まとめ

SNSの効果は理解できましたが、やはり大切な事は「良質なコンテンツ」を提供する事です。

外観ばかり飾り付けても、中身が伴わないと意味がないという事。

記事の内容が良ければ、「SNSシェアボタン」により間違いなくアクセスアップが期待できますから。

調べているときにこの様な記事を見つけました。

[blogcard url=”http://www.skuare.net/article/2015/05/28/effect-snsbutton/”]

要約しますと「SNSシェアボタン」の効果は【PVに対して0,2~0,25%】の効果しかなかった事です。それでも、効果はあるのですから。

そして、「SNSシェアボタン」についてはメリットばかりですので何かデメリットはないのかと調べてみたのですが「記事の読み込みが遅い」以外に見当たりませんでした。

僕の調べ方が悪いのかもしれませんが、本当にこれだけしか見つけられませんでした。

このことは実際に「ボタン」を設置してからでないと分からないですね。

「コンマ何秒」かもしれませんし、目に見えて遅いことが分かるようなレベルかもしれないですし。

どのようになるのかと、少し気になっています・・・

まだ「SNSシェアボタン」を設置されていないのでしたら、ぜひ設置してみてください。

「SNSシェアボタン」の効果があるのかないのかは別にして、デメリットがないのですから設置しないなんてありえないですよ。

一応、デフォルトのままでも「SNSシェアボタン」はあるのですが、存在感がなさ過ぎて読者さんの目に留まることが難しいと思います。カスタマイズをしないままでしたら「SNSシェアボタン」のアピール性が全くありませんので、勿体なさ過ぎます。

Chacaでした・・・

 

2 Comments

mochitakeo

僕もSNSが苦手なのでその気持ちわかります。しかもコードなんて今まで扱ってきたことないから、もう大変です。一緒に頑張りましょう!

返信する
shuyax

餅夫さん、こんばんは。
返信遅くなり申し訳ありません。
そうなんですよね、LINEでしたらまだ何とかなっているんですが、Twitterは未だに良く理解できてません。
HTMLとかCSSとかって何なんだ?となっております。
取りあえずはできる事から一つずつでもと思い励んでいます。
お互いに頑張りましょう。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です