ブログを始めた9割の人がなぜ止めてしまうのだろう?初心者の疑問を初心者が記事にしました

Chaca-logへようこそ

僕もそうなんですが「なぜブログを止めてしまうのか」といった事実はブログを始めたばかりの人も気になるのではないでしょうか。

ブログを始め、1年間続く人は30%・2年間続く人は10%といった結果が出ています。2年後には9割の人がブログをやめているのです。

 

[blogcard url=”http://www.procrasist.com/entry/blog-analyzer”]

 

ブログを開設する時にはいろいろな考えがあったんだと思うんですがね。
もちろん、僕みたいに日記としてという人もいるだろうし、「いやいや俺はお金が欲しいんだ」という人も、「わたしは役立つことを発信したいんです」・・・そこには、たくさんの思いがあったはずなんです。

では、どうして止めてしまうのだろう。

それでは理由を見てみましょう。

ブログに書く記事のネタがなくなった

このことは僕も記事にしているんですがどうなんでしょうね。

 

[st-card id=165]

 

冒頭でも書きましたが、ブログを開設して2年間のうちに9割の人がが止めていくといった事が現実なのです。

僕もブログを始めて・・・ブログの「ブ」の字の「”」くらいのものからスタートして4ヶ月なので1年後・3年後・5年後にブログを更新しているのかどうかは分かりません。

初心者の今だから「記事ネタ」があるのかもしれませんし。

もしかしたら、1年後には「記事ネタ」が尽きているかもしれないです。

考えてみてください、1日1ストックしていければ大丈夫なのではないのですか。時にはもっと多くの記事ネタが出てくるのかもしれませんよ。

ブログに飽きてしまた

僕はまだブログというものに飽きていないのでこの気持ちは理解できないのですが、「1年後はどう」と聞かれたとしたら「分かりません」と言うのが本音です。

ですが僕は思うのです。

ブログという媒体はもしかしたら勉強の場、知識を蓄える場ではないかと。

もし、ブロガーとして成長したいという気持ちがあるのならば1年や2年でブログをやめる選択は出来ないはずです。またブログを書くための知識のインプットは多少なりとも人としての糧となっているのだと信じます。

ブログに費やす時間がない(時間がかかる)

時間がないといった理由は僕にも分かります。

初心者の僕は1記事作成するのに、そうですね・・・不十分なリサーチを含め、内容を決めて(書いている途中に変わってしまったりします)、構成を考えて、などとやっていると2~3時間はかかっているのではないでしょうか。

お名前は忘れてしまったのですが、先輩ブロガーさんが「消去法でいけば、寝る時間を削るしかない」と言っていた事は間違っていないです。

もしお金が欲しいなど明確な目標があるのならば、削れるのはそこしかないですから。

twitter・facebookなどのSNSにハマった

リアルタイムで交流できて情報収集、情報交換いろいろな用途があるSNS。

僕はこのSNSについてはコメントできないです。

ですが、SNSはリアルタイムでコミュニケーション出来るので楽しいみたいですね。SNS依存症といわれるものもあるみたいですから。ほどほどにしましょう。

僕はSNSを始めたのがつい最近なので、「SNSっていったい何なのだ」と今はまだ思っています。

少しずつ勉強していきたいです。

アンチコメント(ディスられて)に嫌になった

このことについてもコメントする資格はありません。

なぜならアンチコメントなるものをもらっていないからです。

ですが「もし」を考えとしたら・・・精神的に参ってしまうかもしれません。そして記事を書く気力すらなくなるかもしれないです。

人間には2種類あると思うのです。一つは「顔が見えないから全くもって平気な人」もう一つは「顔が見えないからこそ気に病むタイプの人」どちらかというと僕は後者ではないでしょうか。

その時がきても良いように、今から対策を考えておきたいです。

他に楽しいことを見つけた

生きているだけで楽しいことだらけではありませんか。

仕事も楽しい・遊びも楽しい・家族といる時間も楽しい・ブログのことを考えている時、書いているときも楽しい。

他の楽しみは楽しみとして、その中の一つとしてブログも楽しんだら良いと思います。思いだしてください、ブログを始めたとき楽しくなかったですか。

何もかも、すべてを楽しみましょう。

当初の目標を達成した

どのような目標設定をしているのかは分かりませんが、目標達成すれば終わりなんですね。

その上はないのですか。もうひとつ上のステージを目標として目指そうとは思えないのでしょうか。

「これ以上は無理だから」というのではなく、何事もやらなければ出来ないのですよ。やるかやらないかで出来るか出来ないかは決まってしまいますから、行動しましょう。

もっと楽しいことが待ち受けているかもしれませんよ。

身元がバレてしまった

これは嫌ですね。

このような事にならないように気をつけるしかないです。

取りあえずは、知人、周りの人には黙ってブログを運営したいと思います。

アクセスが伸びないから

この理由はかなりダメージが深刻ですね。ではどの位のアクセスを期待しているのでしょう。

ちなみに僕のブログは全くといっても良いくらいにアクセスはありません。

僕と同じ時期、もっと遅い時期に始めた人たちに余裕で抜かれているのが現状です。いったいどうすれば良いのかと自問自答の日々を送っています。

ですが「だからどうやねん」と僕は言いたいです。

人は人、自分は自分でいいんじゃないですか。

確かに「2ヶ月でこんなにも」というような記事を書かれている人もいます。そのようなブロガーさんの記事を読んで、自分の記事の稚拙さを実感してと意気消沈する事ばかりですよ。

もっと先を見てみればどうでしょうか。

3年後・5年後と・・・もしかしたら、大ブレークするかも・・・

更新するのがめんどくさい

めんどくさい。

「よし、俺はこれから毎日更新するぞ」固い決意でいいと思います。

でも、それってプレッシャーになっていませんか。

別に明日でも良いのでは・・・明後日でも良いのでは・・・

追い詰められると良い事なんてありません。もう少し気持ちをゆるくしてみませんか。

他のことが忙しい

ちょっと、無責任な発言になってきましたが、忙しければボチボチで良いのでは。縛りつける必要はないですよ。

「出来るときに出来るだけ」これもひとつのスタイルだと思います。

その代わり、時間があるときには2記事、3記事と精を出せればプラスマイナスゼロですよ。

面白いと感じなくなった

僕にはまだ分かりません。

今は知らないことを僕なりに調べてなんとか記事にしているので、触れるものすべてが新鮮なんですね。

知らないことを分かることって嬉しくて、楽しいものではないでしょうか。

僕は今まさにその状態です。

ブログで使う言葉のひとつひとつ、そして少しずつですがカスタマイズできた時のやってやった感、面白いです。

「面白くない」と感じるときが来ないことを祈るばかりですね。

結果が出ないから面白くないのでしたら、その結果とはどのようなものなんでしょう。わずか数か月ほどで出せるものなんですか。

ブログを始めた時ってすごく面白かったはずなのに。

質の良い記事を書かなければというプレッシャー

上級ブロガーさんの悩みではないでしょうか。

すべてが初心者の僕にはコメントすらできないです。

ただいえることは、僕もそうなんですが、先輩ブロガーさんの記事を読み何かを吸収しようと頑張っている人もいるんだという事です。

質の良い記事は読者さんを増やすこと、検索流入をふやすことなど本来は必須な事なのですが1回で100点ではなくても良いのではないですか。ブログって書き直し出来ますよね。

本業、本職が忙しいため

僕もこの1人です。

ですから、義務を課すことはやめませんか。

時間は確かに有限です。だけどもブログはそこにあります。

時間のあるとき、気が向いたとき、隙間時間にスマホで下書きなんてこともありではないでしょうか。

本業が生業となっていますので、本業をおろそかにしないようにして下さい。

まとめ

言いたいことを言いたいだけ言ってきました。失礼な発言もあったかもしれません。なんといいましても、初心者で素人の僕のいっている事なので受け流してください。

「もう、本当に嫌だ」となる前に時間をおいてみてはどうでしょうか。

別に期間を定める必要もないので、1週間でも1ヶ月でも気持ちが前向きになるまで休むのも答えなのかもしれませんよ。

見張っている人なんかいませんから

Chacaでした・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です