ブログの更新頻度が落ちる理由を【17個】考えてみました!あなたにも当てはまる理由があると思います

Chaca-log へようこそ

ブログの更新頻度がここのところ落ちてきています。

僕としては毎日のように更新して行きたいと思っているので少々困った出来事なのです。なぜ、どのような理由から落ちているのかと考えたところ【18個】の理由にたどり着いたのです。

この事は僕のような初心者の方にもあてはまると思いますので参考になれば幸いです。

 

「なんとなく」更新頻度が落ちてしまっている

「なんとなく」

凄く抽象的な表現の仕方になるのですが、誰にでも心当たりはあるはずです。

「なんとなく」という言葉の意味は「どうしてだか分からない」という事。

もしくは「はっきりとした理由・目的がないさま」といった意味合いが今の僕には合致するのではないでしょうか。目標が曖昧なために進むべき道が見えないといった感じです。

目標設定がないのでは僕自身の軸が定まっていないのですね。しっかりとした目標を掲げるに越したことはないのですが、ぼんやりとでも良いので目標設定は必要です。軌道修正は後からいくらでも出来るのですから。

「2~3日に1回の更新で良し」と思っている

ブログを始めた当初は、とにかく毎日更新する。毎日とはいわず出来るのならば2記事でも3記事でも更新しよう。

この様に考えていたのですが、「量は必ずしも質を凌駕する」ものではないと思います。コンテンツの質が粗悪だと読者さんはもちろん、SEOにも悪い影響が出てしまいます。

毎日更新を実施するのは良いのですが、ブログを始めた当初は質の良いコンテンツを書き続けることは難しいのではないでしょうか。粗悪な記事ばかりが増えるのでしたら更新頻度を落とし質を上げる事の方を裕さんされる事が良いですね。

ですが質の良い記事を書くためとはいえ月1回の更新では話にならないですけど。

「質の良い記事をたくさん書く」

「量」だけを追いもとめたなら以前のような「無駄記事」の量産という結果。逆に「質」だけを求めたなら更新頻度が低くなるという事実。

「量+質」を念頭に置いたのならば2~3日での更新となる訳ですが、経験を積むことで「1日1記事(良質な記事)」が可能になります。

2~3日で良いではなく、目標はあくまでも1日1記事。内容と相談しての更新を心がけましょう。

リサーチ・下準備に時間がかかり毎日更新が出来ない

僕のような初心者にはとても重大な問題です。

「量と質」を兼ね備えようとするの場合、立ちはだかる大きな壁があります。

情報収集がスムーズに出来たとすれば短時間で記事を書くことが可能なのですが、書いている傍から疑問が沸き起こってくるので、新たにその時点からのリサーチとなる悪循環の繰り返しになっています。

解決策としては「隙間時間の有効利用」によりリサーチに必要な時間の短縮化をはかる事。同じくスマホでの下書き保存。

記事の概要(できれば細かく)を決めておくこと。

以上の2点を実施することでかなりの効率化に繋がるのではないでしょうか。

ブログ記事を書く時間がない

この悩みを持っている方の多くは仕事をされている方だと思います。

職種にもよりますが帰宅時間が遅い、通勤に時間を要するため朝が早いなどの理由から「ブログの時間がない」といった結果になっているのだと思われます。

時間は有限なので致し方ない事なのですが、頑張って時間の捻出に務めてみましょう。

帰宅後テレビを見る時間があるのでしたらブログに使い、通勤時間が長いのならをその時間を有意義に使うことも出来ます。

何よりも出来ることを出来る範囲でするという事です。

お勧めなのが「朝活」といわれているものです。

朝目覚めてからの約3時間は、脳が最も効率よく働く「ゴールデンタイム」だといわれています。

1時間、いえ30分で良いので今までよりも早く起きブログに時間を費やしてみてはいかがでしょうか。僕も帰宅が遅くなった時など1時間ほど早く起きブログに時間を割いています。たかが1時間ですが、この1時間は貴重ですよ。

ブログ記事にするネタがない

「気になること」

「これは記事になるのかな」

日常の生活の中でこのように少しでも意識をする習慣がついてきたので「ネタに困る」事はほぼない状態です。

逆に初心者の強みは何を記事にしても良いと僕は考えています。ただし条件はあります。その記事は読者さんのためになっているのかという事です。悩みに対しては解決策、知らないことへに対しては情報発信など何かを提供するという事が必要ですね。

上記をクリアできているのでしたら、何をどのような形で記事にしても良いのではないでしょうか。

僕自身のスタイルができていない

これも困った事ですね。

どのような事でも経験値が必要です。仕事にしてもブログにしてもその差はないものだと思います。

多くの経験を積むことでブログという媒体で「自分自身のスタイル」といったものができる時が来ます。それは決して一朝一夕でできるものではありませんので安心してください。

先輩ブロガーさんを真似してみるのも近道なのかもしれません。学ぶとは真似ることだと言われていますから良い経験を積めるはずですよ。

つい先輩ブロガーさんの記事に見入ってしまう

先輩ブロガーさんのブログを読みだしたらきりがないです。

僕とは全く次元が違いますから隅から隅まで見入ってしまいますし、むさぼるように読み漁ってしまいます。

文章の書き方、表現方法、接続詞の使い方、漢字の使い方、句読点は・・・気になることばかりです。

そして気がつくと時間が経過しているという結果。

時間を決めましょう。30分でしたらキッカリ30分と。

先輩ブロガーさんの記事はやっぱり面白ので読み込んでしまいますね。これもまた勉強です。

やる気がない

やる気の「気」が張り過ぎて空回りするのです。

あれもこれもと「気」ばかりが先行し課題はさほど進行していないといった結果になります。

やる気と現実とのギャップに気が付いた時、もの凄く疲れませんか。

一生懸命になればなるほどにそのギャップは大きくなっていきます。実際の成果と現実とのギャップが大きければ大きいほど意気消沈し現実逃避をしたくなりますよね。人間は想定外の出来事に弱いものですから。なかにはパニックになる人もいるでしょうし、真っ白になる人もいます。

そのことが「やる気がない」といった形と勘違いしているのではないのでしょうか。

大丈夫ですよ。パソコンに向かっているうちは。こうしてブログを読んでいるうちは「やる気がない」なんていった事はありませんから。

目的・目標が決まっていない

この課題には頭を悩ませます。

「これが目標だ」と言った明確なものはないのです。どう表現すれば伝わるのか分からないのですが、そこには何かがあるんですよね。

読者さんも欲しい、PVも欲しい、知名度も欲しい、お金も欲しい、あれもこれも欲しい、欲しいものばかりではっきりとしたものが見えてきません。

目的・目標は必須だと分かっているのですが。

漠然とした目標でも良いのでゴールは見えていた方が良いですし、自分自身の成長も実感できます。何よりも「モチベーションが持続」が出来るので「目標・目的」の設定はするに越した事はないです。

本業の仕事が忙しくてブログにまで手が回らない

確かに仕事は忙しいのですが、仕事は仕事、ブログはブログと僕の頭の中では線引きができているのでこれは理由にはなりません。

だからと言って仕事を疎かにしているのではないですよ。

仕事のときは仕事のことだけに集中。

ブログのときはブログだけに集中。

と簡単に言ってしまいましたが、現実は厳しいですね。仕事の疲れから何もする気が起きないこともあります。どんなに疲れていようとブログのことを意識さえ出来ていれば良いと思っています。

ブログを継続することに意味があるので、無理をして嫌になるくらいでしたら休息することも必要です。

どうせ僕(私)なんかとどこかで思っている

正直、思っているのが本音です。

しょせん僕なんて・・・この気持ちは分かります。

ですが同じ人間です。「あの人に出来ているのに僕には無理」と思うようなタイプの人間ではないのです僕は。

とにかく「やってみる」「やる」「納得のいくまで」と、どんな事をするときでも僕は思っています。

やってみない事には何も始まりませんから

「やる」という選択をしない人には結果すらありませんから。とにかく「やる」のみです。

読者さんが一向に増えない

 

こちらも深刻な問題だと捉えてしまいがちです。

本当に増えないんですよね・・・

どうしたものですかね。

誰か教えてください。

先輩ブロガーさんも「1年はそんなことを考えなくて良い」と言われていますし、僕のブログ自体はまだまだダメ記事ばかりなので仕方ない事です。

「どうにかしないと」と常に意識はしています。

そのためには「記事を書く」ことしかないと思います。何度も書いている通り「役立つ記事」一人でも多くの読者さんが増えるような記事を目指さないといけないと考えています。

PV数が増えないからモチベーションがダウンする

書いても書いても【PV数】が増えない。

ブログを運営している意味はあるのだろうか。

僕も同じような気持ちでいます。ですが考えてみてください。ブログを始めようと思い立った時のことを。最初から【PV数】などを気に掛けていましたか。僕は【PV数】という言葉すら知らなかったのです。

中には短期間で多くの読者さんが付き【PV数】も驚くほどの数字を挙げているブロガーさんもおられます。数字だけにとらわれるのではなくブログのコンテンツを比較してみてください。

そこに答えはありますから。

 

結局はコンテンツの質が良くないことには他のページも読んでもらえないのですから質を良くすることが僕の課題です。

先輩ブロガーさんの記事を読んでいると絶対に他の記事も読んでみたいと思いますし、実際読んでいます。

面白いしタメになりますから。

そのような記事を書きブログを構成する事が【PV数】につながるのではないでしょうか。

他者と比較するのではなく、今自分の出来ることに一生懸命に取り組むしかないですね。

文章の書き方がよく分からない

悩ましく思います。この事は難しいですよね。

僕自身、営業経験もありますので口は達者な方なのですが、文章にしろといわれると別問題になります。

話す事と文章にするという事は全くの別ものです。こんなにも難しいものだとブログを書き出してから気づきました。

先輩ブロガーさんは「言葉巧みによくそれだけの文章を書けるものだ」と感心している次第です。

書いて書いて書き慣れる事。

そして良い記事をたくさん読むことが攻略になると信じています。

 

書こうと思っていたことを忘れてしまう

 

何の事だか分かりずらいと思いますがこのような事になります。

記事を書いている途中に「よし。この文章の後にはこのような事を書いて繋げていこう」「この様な例えがあった方が理解しやすいだろう」などと思うことがあるのですが、キーボードを叩き書き込みをしているうちに【忘れてしまう】のです。

一瞬で忘れているんですよ。

文章構成も考えて話をつなげようと思っていたはずのに、つなげるべき文章を忘れてしまうなんて。

話しがつながらなくなるので、振り出しに戻り練り直し。

思いついたその時に下書き感覚で書くことで回避できます。結果、考え直すことがなくなるので手が止まることがなくなりますね。

記事を書くことをプレッシャーと感じている

プレッシャー。

僕はまだ感じていないです。

きっとプレッシャーと感じるようになる事は予測できているのですが、今は楽しんでいます。

「早く家に帰ってブログを書きたい」と終業時間が近づいてくると思っているくらいですよ。

ブログのことをあまり分かっていない者の強みだと思います。

いつの日かプレッシャーとなり「ブログを書くのが嫌だ」という日が訪れるのかもしれません。

ブログを始めだした今だからこそ楽しんでいます。

初心者の僕でもプレッシャーと感じた時の対処法は既に決めています。

休むこと。

一番の薬だと思いませんか。

本気出したらすぐに書けるからと余裕をかましてたら時間が無くなる

 

僕の悪いところです。

「リサーチをして」「構成はこんな感じで」「このようなタイトルで」「見出しはこれとこれ」「最後にこんな感想を入れて」

よし、下準備はできた。

これですぐに書けるぞ。

ちょっとだけ漫画でも読もうかな・・・

ちょっとでけテレビを見ようかな・・・

ちょっとだけ、ちょっとだけ・・・

「ちょっとだけ悪魔」が出てくるのです。

この「ちょっとだけ悪魔」は手ごわいですよ。

息抜きをする時は時間配分的な事をなことを念頭に置いているので、驚くほどの時間のずれはありませんが、習慣化されてしまうとどうなるのかと少し怖い気もします。

手をつけたのなら、決めたところまではしっかりと終わらせる事が良いですね。

まとめ

最後の方は関係ないような話になっていまい申し訳なく思います。

僕が感じているブログの更新頻度が落ちる原因の【17個】です。

とにかく「やる」。今できるベストな事を「やる」しか道はないのです。

どこかで狂いが生じたのならば、どこかで埋め合わせたら良い話しですし。

初心者の僕はこれといった「スキル」も「キャリア」も持ち合わせていないので、経験を積みレベルを上げていく事だけが全ての解決策となるのだと信じています。

「更新頻度」が落ちていることについては常に考え、どうすれば良いかと模索し苦しみたいと思います。

また、おざなりにする事なく「量・質」共に意識することで良い記事を書いていきたいと思っています。

「質」を悪くして(これ以上悪くなるのだろうか)量産することは良い結果にはつながりません。逆もまた真なりですね。

Chacaでした・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です